林家とんでん平落語会(2018/9/16)

小中学校時代の同級生である曽合さん宅で「林家とんでん平落語会」が催されたので行ってきました。
林家とんでん平さんは先代林家三平さんの最後のお弟子さん
リヤカーを引きながらの全国落語行脚や手話落語で知られた落語家です。
北海道出身で現在は札幌にお住まいだそうです。
そんな師匠がかつて草加市に住んでいらしたことはさすがに知らなかったですが、なにげに親しみを感じてしまいますね。

会場は曽合千秋さん(僕の友人の奥様)がパッチワークの活動「sokura168」を行っているアトリエを使用
彼女はブログも書かれていますのでご覧ください。
https://ameblo.jp/sokura168/




画像


古民家風離れを改造した風情あるアトリエの中は熱気ムンムン
画像


高座の後ろにあるパッチワークは千秋さんの作品です。
画像


さっそく師匠のまくらで笑いをとります。
画像



独演会は90分
小話、創作、怪談とバラエティに富んだ構成であっという間に時間が過ぎてしまいました。
楽しめました。

画像




夜は曽合邸の庭でBBQ
普段着の師匠はレッドツェッペリンのジミーペイジさんにそっくりでビックリしました。
白髪具合やロン毛を後ろでしばっているところも似ています。
ご本人曰く、よく言われるそうです(笑)

画像


画像


師匠、お疲れ様でした!
曽合さん、ありがとうございました!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック