伊集院光とらじおと

TBSラジオの30年にわたる長寿おばけ番組「大沢悠里のゆうゆうワイド」の後番組として2016年4月から始まったラジオ番組の話


ゆうゆうワイドの後番組としてパーソナリティを務める伊集院さんは当初は相当なプレッシャーがあったんだろうな。

平日午前中の番組である。

主たるリスナーは自営業、専業主婦、ドライバー職、入院中の患者さん

悠里節に慣れ親しんだリスナーも最初は違和感を感じたことだろう。



確かに伊集院さんも1年間は試行錯誤、手探りっぽい空気が感じ取れた。

月火水の相方を務める局アナではない女性はオーディションで伊集院さんが採用したと言っていた。

月曜担当の安田美香さん(今年は水曜日担当)以外はイマイチだなあと感じてたら、案の定他の2人は昨年で降板


伊集院節全開となった2年目からは本当に楽しい番組になったと感じる。

コンテンツが面白いのが良い

葉書でリスナーからの投稿を紹介していた時代は一方通行感が拭えなかったけど、スマホを活用した今、リスナーの投稿もまさに今そのもののリアルネタなど、まさにSNS化したラジオだよね。

今はラジコがあるから過去番組も簡単に聴けるのも嬉しいね。



しゃべりの天才、伊集院光は今年も大活躍ですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック