紅白歌合戦・美輪明宏さんが丸山明宏さんに戻ってました。。。

美輪さんの「ヨイトマケの唄」
テレビでフルコーラスで聴けただけでもう十分ですわ。


いつもの変態おばさんから「丸山明宏」に戻ってましたね。


さすがだなと思ったのは、その前がアイドルだったかな(忘れた)
およそ、ヨイトマケとは場違いな状況で、美輪さんが発する声だけで会場の空気を一気に変えたところ。
さすがだなぁと思った。
100人以下の箱でも、数千人のホールでも、数万人のドームでも美輪さんならたぶん
同じように自分の世界に引きずりこむ力があるんだろう。
歌声だけでなく、凛とした立ち姿、完璧でしたわ。
この曲を聴けただけでもことしの紅白を見る価値がありました。
昨年(一昨年?)の「トイレの神様」のフルバージョン(7分?)の成功があって長すぎる「ヨイトマケの唄」が日の目を見たんだと思います。




最後に
和田アキ子さんがちょっとわざとらしくて残念でした。
北島三郎さん・・・口パク?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック