今年の箱根駅伝・往路

ここ数年は3日が初仕事なので往路だけはテレビで見ることができます。
絶対的エースの東洋大柏原さんがいなくなり、どんな展開になるかとワクワクしながらテレビを見ておりました。
とにかく今年の箱根は強風で選手のみなさんも大変そう・・・

4区まで東洋大のぶっちぎり(想定内)。
5区でどうなるか・・・
ここまではお茶の間の箱根駅伝ファンは皆やきもきしたことでしょうね。
大方は箱根の山で早大の逆転を予想してたでしょう。自分もそのひとり。
日体大、やはり悔しさがバネになったんでしょう。
よく頑張りました。復路もこの調子で完全優勝したらテレビ的には最高でしょうね。
日テレはこのために昨年の敗北から追っかけてドキュメンタリー番組に仕立てるかもしれませんね。
予選会を勝ち抜いて、本戦でも完全優勝、選手もOBも涙涙涙
視聴率20%確実。

個人的には法政大が印象に残りました。5区の名も無きランナー(関口さんだっけ?)の激走に感動いたしました。
明治も復活したし、この大会に慶応と立教がいないのは寂しい。
やっぱ関東の伝統校は出場して欲しいよね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック